« 安倍首相責任論 | Main | 旅券返納問題はジャーナリストの役割の低下の証左 »

February 09, 2015

邦人救出と改憲

イスラム国による日本人人質殺害事件を契機に邦人救出問題が再び国会で議論の的になっている。安倍首相は、2月2日の参院予算委員会で、邦人救出問題で、海外でテロなどに巻き込まれた邦人を救出できるようにする法整備を進める考え明らかにした。その先には改憲が視野に入っているようだ。
 これに対し2月5日の『しんぶん赤旗』は、「「国民を守る」といえばなんでも許されるなら、それこそ世界は「力」の強さがものをいう無法な時代に逆戻りです。・・・戦争という手段で「国民を守る」などというのは今日の世界に通用するものではありません」、と真っ向から反対している。まことに正論である。とはいえ、具体的な解決策は提案できず、「いま必要なのは、国際社会の一致した力で「イスラム国」を追い詰め、武装解除と解体に追い込むことです」と、安倍政権と何ら変わらない一般論の主張しかしていない。
 海外における邦人保護の問題は集団的自衛権に絡んで昨年来議論が繰り返されてきた。戦乱に巻き込まれた邦人を救出する同盟国艦艇を護るために安倍首相は集団的自衛権行使容認を閣議決定した。今また海外でテロに巻き込まれた邦人救出のための法整備や果ては憲法の改正を安倍政権は目論んでいる。これに反対する野党や護憲派はただただ法律論や感情論を持ち出すだけで全く有効な反論をしていない。だから今回のような人質事件が起こると一気に国民世論が改憲になびくことになる。
 改憲に追い風が吹いていると見てか、2015年2月7日の『産経抄』がさっそく次のように護憲派を揶揄しながら改憲を主張した。「日本国憲法には、「平和を愛する諸国民の公正と信義」を信頼して、わが国の「安全と生存を保持しようと決意した」とある。「イスラム国」のみならず、平和を愛していない諸国民がいかに多いことか。この一点だけでも現行憲法の世界観が、薄っぺらく、自主独立の精神から遠く離れていることがよくわかる。護憲信者のみなさんは、テロリストに「憲法を読んでね」とでも言うのだろうか。命の危険にさらされた日本人を救えないような憲法なんて、もういらない」。
 これまでも何度も主張してきたが、日本国憲法は元来国家に対して国民を武力で護らないよう約束させた世界でも画期的な平和憲法である。国民は自らの安全を自らで護ることを決意したのである。日本国民は憲法前文にあるように「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」のである。つまり国際社会はホッブズのいう「万人の万人による」闘争状態ではなく、すべての諸国民は平和を愛する平和な状態にある。それが日本国憲法の大前提である。
 常識的な憲法理解はあくまで国家には国民を護る義務があるとしている。たとえば2015年月8日『朝日新聞』の長谷部恭男・早稲田大学教授との対論で杉田敦・法政大学教授は「近代国家には自国民を保護する義務がある」と強調している。長谷川教授も「はい。これは国民国家である以上「ある」としか言いようがなく、ありかたは国によって違います」と同意している。全く御説の通りである。近代国家には国民を護る義務がある。しかし、国民が国家に対しその義務を履行しなくてよいと定めたのが日本国憲法ではないのか。だから元来個別的自衛権も含め自衛権はあるが日本政府は国民との約束によって行使できないのである。まさに「ありかたは国によって違います」と長谷川教授が言うように、日本は国家の国民防護義務を国民が拒否した国家なのである。
 では今回のような人質事件が起きたらどうするのか。たまたま必ずしも平和を愛さない諸国民がいたに過ぎないと諦め、平和憲法に殉ずるしかない。憲法に殉ずる覚悟さえあれば、安倍首相の改憲論議など一蹴できるではないか。その覚悟がなく、いくら改憲反対などと叫んでも何の効果もない。日本の憲法の平和主義を今一度再確認し、全国民が憲法に殉ずる覚悟を決めることでしか安倍首相の改憲に対抗する手段はない。
だからこそ共産党を含め護憲派は安倍首相に宣言すべきである。「戦争という手段で「国民を守る」ことなどしなくてよい、と。何故護憲派は声を大にして「自らの身は自らが護る」と言えないのか。何故テロリストに「憲法を読んでね」と言えないのか。

|

« 安倍首相責任論 | Main | 旅券返納問題はジャーナリストの役割の低下の証左 »

Comments

This is really interesting, You are a very skilled
blogger. I have joined your feed and look forward to seeking more of your
great post. Also, I have shared your web
site in my social networks!

Posted by: BUY GoPro HERO4 SILVER AT AMAZON HERE | February 22, 2015 at 02:57 PM

What's up to every one, it's in fact a nice for me to pay
a quick visit this web site, it consists of priceless Information.

Posted by: typesetting | February 26, 2015 at 05:20 AM

I am really thankful to the holder of this site who has shared this wonderful article at at this place.

Posted by: social media marketing | February 26, 2015 at 05:24 AM

We can hack someone's Fb private life for you within moments; your target person will not understand that his GMail account has been revealed.

Posted by: hack facebook account 2014 no survey | February 28, 2015 at 09:23 PM

Definitely believe that which you said. Your favorite justification appeared to
be on the net the simplest thing to be aware of.
I say to you, I certainly get irked while people think about worries that they plainly do not know about.
You managed to hit the nail upon the top and defined out
the whole thing without having side effect , people can take a signal.
Will likely be back to get more. Thanks

Posted by: self publishing companies uk | March 07, 2015 at 06:05 AM

It's a pity you don't have a donate button! I'd certainly donate to this outstanding blog! I suppose for now i'll settle for bookmarking and adding your RSS feed to my Google account. I look forward to brand new updates and will share this blog with my Facebook group. Talk soon!

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 at 10:59 PM

hello there and thank you for your info - I've definitely picked up something new from right here. I did however expertise a few technical issues using this website, as I experienced to reload the web site a lot of times previous to I could get it to load correctly. I had been wondering if your web hosting is OK? Not that I am complaining, but sluggish loading instances times will very frequently affect your placement in google and can damage your high-quality score if ads and marketing with Adwords. Anyway I'm adding this RSS to my e-mail and could look out for a lot more of your respective intriguing content. Ensure that you update this again soon.

Posted by: match.Com Login | April 06, 2015 at 08:26 AM

Hi there everyone, it's my first go to see at this website, and piece of writing is in fact fruitful designed for me, keep up posting these content.

Posted by: cool hoodies for men | September 01, 2015 at 02:35 AM

I think the admin of this web site is truly working hard for his web site, because here every stuff is quality based material.

Posted by: funny t shirts for women | October 22, 2015 at 01:48 AM

Thanks for finally talking about >邦人救出と改憲: 加藤朗の目黒短信

Posted by: physics t shirt | November 23, 2015 at 10:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95741/61108294

Listed below are links to weblogs that reference 邦人救出と改憲:

« 安倍首相責任論 | Main | 旅券返納問題はジャーナリストの役割の低下の証左 »